神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
アミノ酸飲料とダイエット

 テレビの健康番組でもたびたび取り上げられているアミノ酸。人間のからだに必要なアミノ酸は20種類で、さまざまなたんぱく質のもとになっています。

 アミノ酸の効果として期待されているのは、スポーツ選手の場合は筋力やスタミナの増強です。バリン、ロイシン、イソロイシンは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれ、筋肉のエネルギー源になり、筋肉の損傷を防ぐ作用があります。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、筋肉の強化になります。

 むしろ一般の人が関心を持っているのは、体脂肪を燃焼させて、体重を減少させるダイエット効果のほうです。リジン、プロリン、アルギニンなどのアミノ酸は脂肪を分解する酵素を活性化する効果があるといわれています。しかし、大事なことは、分解した脂肪を燃焼させるためには運動が絶対必要だということです。

 某アミノ酸飲料のテレビCMは、難しい運動をしなくてもアミノ酸を飲んでいれば脂肪が燃焼するイメージで作られていますが、実際にはアミノ酸飲料を飲むだけではやせられません。アミノ酸量を十分取るには、1日1−2リットル飲む必要がありますが、カロリーが多くなって脂肪燃焼の妨げになってしまいます。逆にアミノ酸が多くなると、味がおいしくなくなります。運動もアミノ酸の量も必要となると、アミノ酸飲料で手軽にダイエットというのは無理でしょう。

 最近コンビニではアミノ酸飲料が少なくなってきています。かわりに、カテキン強化のお茶などが目立ちます。アテネオリンピックが終わるとアミノ酸ブームも終わってしまうのでしょうか。

2004年8月10日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→