神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
園児と血液型

 3月には子どもの血液型検査の件数がとても多くなりました。昨年度(平成16年4月から平成17年3月)は60人の検査をしましたが、この3月だけで15人になりました。検査を希望された方の多くは、新しく保育園や幼稚園に入園する子どものお母さんでした。ネームプレートの裏に血液型を書く欄があるので、この機会に検査を受けたいということでした。

 親が子どもの血液型を知りたいという気持ちはわかります。最近では大病院での出産が多くなり、通常そういった病院では治療に関係ない検査をしないので、血液型がわかっていない赤ちゃんが多くなっています。一方では血液型と性格や相性に関連したテレビ番組が目立ち、本も多数出版されています。

 血液型システムとしては25種類が確立されていますが、臨床的に重要なものはABO式血液型と、Rh式血液型の2つです。ABO式血液型は赤血球表面の糖鎖である血液型物質によって決まります。日本人ではA型40%、O型30%、B型20%、AB型10%です。また、日本人ではRh陽性率が99.5%です。

 では、血液型と性格の関連はあるのでしょうか。自然科学系の学者は、赤血球表面の血液型物質を決める1つの遺伝子で性格も決まってしまうというのは考えにくいといいます。同じ血液型であっても、当然育つ環境によって性格は変わります。テレビ番組では、血液型によって幼稚園児の行動パターンに違いがあるような映像を流しながら、その一方では血液型ですべてが決まるわけではありませんという決まり文句も必ず付け加えているのです。

 血液型は集団生活では必要ない個人情報です。ネームプレートに血液型を書く欄があること自体おかしいと思います。

2005年4月18日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→