神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
師走に走る

 生活習慣病の患者さんに運動を指導するのは当然ですが、自らが運動しないのでは、説得力がありません。そこで、3年前から週1回ですが、市の体育館へ通って、ランニングマシンの上を走っていました。しかし、漠然と走るだけのあまりおもしろみのないものになってきました。今年の夏、丹沢水無瀬マラソン大会のポスターが目に止まりました。秦野市市制50周年の記念すべき第1回大会でしたので、出てみようという気持ちになりました。

 その大会が、12月4日に盛大に行われました。5km、10km、ハーフマラソンの3種目で、なんと約3700人のアスリートが参加し、健脚を競いました。私も長距離走の初心者として、5kmマラソンに参加しました。

 練習をすべてマシンの上で行ってきたので、ぶっつけ本番で道路の上を走ることとなりました。多少不安もありましたが、練習の甲斐あって、第一目標の無事完走ができました。そのうえ、第二目標としてタイムを30分と考えていましたが、結果は思いもよらない27分台でした。一人で走るのと違って競ったことと、家族や沿道の方々の応援に励まされたことで実力以上の力が出たのでしょう。

 今回のマラソン大会で得られたものは、力を出し切った達成感でした。ゴールしたときに「よしやった」と言ってこぶしに力を入れました。これは日常生活では得られない貴重な体験でした。

 私より年上の方がたくさん出場されていたのも驚きでした。きちんとトレーニングを積めば50歳代でも60歳代でも走ることができるのです。先輩方を見習って、これからも走りたいと思いました。

2005年12月22日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→