神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
インフルエンザはどこへ行った

 1月もすでに3週が過ぎたが、例年とは大きく異なり、外来患者が少ない状態が続いている。それはインフルエンザ患者が全くいないからである。当院では1月6日にA型インフルエンザが1人出たのみで、そのあとが続かなかった。

 今年は暖冬といわれている。暖冬だとインフルエンザが少なくなるのだろうか。国立感染症研究所のデータを見ると、2001年も患者が少なかった。この年は2月中旬からようやく患者数が増加し、3月中旬にピークとなって4月に終息した。しかもピーク時の患者数もこの10年間で最少であった。一方、気象庁のデータで2001年を調べてみたが、少なくとも関東地方は暖冬ではなかった。暖冬だからインフルエンザが少ないとは、どうも簡単にはいえないようだ。

 逆に気温が高くてもインフルエンザが流行することがある。実際、東南アジアでは年間を通じてインフルエンザが発生している。なんと日本でも昨年6月には沖縄でインフルエンザの流行が見られた。日本ではインフルエンザは冬の感染症というこれまでの常識が、みごとに覆されてしまった。

 今年もこれからインフルエンザは流行してくるはずであるが、その発生動向には大いに注目したい。必ずしも2001年のパターンに類似するとは限らない。ピークも終息も時期が遅くなる可能性がある。

2007年1月23日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→