神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
日本脳炎ワクチン接種を考える

 平成17年5月末に日本脳炎ワクチンの接種が突然中止されてから2年がたった。重症の脳脊髄炎が、ワクチンの副反応と認定されたことが発端であった。当時は新ワクチンへの期待が大きく、接種中止は1年程度と思われた。しかし、新ワクチンは試験のやり直し段階であり、まだめどは立っていない。

 昨年9月に熊本県で3歳の日本脳炎患者が発生し、16年ぶりの幼児例ということで注目された。幸いその後の患者はいないが、日本脳炎ワクチンの接種中止で抗体を持たない子どもが多くなっていることから、専門家は小児の日本脳炎患者が増えることを心配している。

 今できる対策は現在の日本脳炎ワクチンを接種することである。日本脳炎ワクチンは流通量が少ないが接種可能である。しかし、日本脳炎患者が増えればワクチンはたちまちなくなってしまうだろう。この5月に麻疹の流行で麻疹ワクチンは姿を消した。

 厚生労働省は日本脳炎患者が出ては困るが、接種勧奨を中止したワクチンを再開するとは立場上言えない。厚生労働省ホームページの日本脳炎ワクチンQ&Aには、日本脳炎は居住地や年齢で感染リスクが異なるので、効用と副反応を考えて、接種するかどうかの判断をしてほしいと書かれている。

 日本脳炎ワクチンに対する風向きが変わってきていると思う。近隣の医師会に属する親しい小児科医に聞いたところ、希望者には積極的に接種しているとのことだった。当院でも、十分説明し同意を得た上で、免疫のない3〜5歳を中心に接種したい。

【平成19年7月18日追加】
日本脳炎ワクチンが入手できないため、接種は中断させていただきます。再開の時期は未定です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。
【平成20年2月1日追加】
少量ですが日本脳炎ワクチンが入りましたので、接種を再開いたします。

2007年6月24日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→