神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
小児科受診のタイミング

 最近何人かの若いお母さんから「赤ちゃんがどのようなときに診察を受けるのがいいのですか」という質問を受けた。軽い症状で申し訳ないと思っている方もいれば、待っている間に別の病気をもらうのが心配で、必要なときだけ受診したい方もいるだろう。

 このような質問に対しては、救急ではなく一般小児科の場合と念を押した上で、「特に決まりはないので、お母さんが赤ちゃんの様子をよく見て心配なときに受診してください。ただし、機嫌がいいかどうか注意してね」と答えている。小児科には微熱から高熱まで、熱のために来院する子どもが多いが、乳児はもともと体温が高めである。熱があっても機嫌がよければ、救急で受診する必要はないだろう。ただし例外的に3か月未満の乳児の発熱は急を要することが多い。

 熱がなければ大丈夫というわけではない。先月、咳とミルクの飲みが悪い1か月の乳児が来院した。咳はあったが、熱はなく、家で様子を見られそうに思えた。ところが、その母親は育児経験があり、赤ちゃんの機嫌があまりよくなく、いつもと違うと心配して訴えた。救急病院へ紹介したところ、気管支炎で入院となった。

 子どもは繰り返しかぜにかかって、次第に丈夫になっていくものである。時にはかぜがこじれて、気管支炎や中耳炎を起こし、もっと早く治療を受けておくべきだったという失敗もあるかもしれない。小児科通いの繰り返しや兄や姉の時の経験から、母親の観察力は成長する。機嫌の良い悪いに注意すれば、小児科受診のタイミングがわかってくると思う。

2009年1月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→