神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
花粉症とサプリメント

 春一番の南風とともに、花粉症の季節が始まった。今年は去年までよりも症状がひどいという患者さんが多い。抗アレルギー剤を飲み始める前に、一気に大量の花粉が飛び始めてしまったのである。

 ドラッグストアでは花粉症コーナーでサプリメントが販売されている。テレビの情報番組でも、花粉症に効くサプリメントや食品が紹介されることがある。しかし、サプリメントはあくまで食品である。医薬品と違い、効能効果をうたうことができず、しかも科学的裏づけが不足している。

 そこで花粉症の方が飲む頻度の高いサプリメント3種類について調べてみた。まずは甜茶(てんちゃ)である。中国の甘いお茶で、有効成分のポリフェノールが抗ヒスタミン作用を持ち、くしゃみや鼻水を比較的早く抑えることができる。

 次はシソである。シソの葉や種子に含まれるポリフェノールが鼻水を抑える。また、種子から取れる油には、抗アレルギー作用があるαリノレン酸が含まれる。

 最後は乳酸菌である。乳酸菌は糖を分解して乳酸を作る菌の総称で、腸内で働く善玉菌である。最近、アレルギーの発症に腸内細菌のアンバランスが関係しているという報告があり、乳酸菌の摂取でアレルギー症状が和らぐことが期待されている。

 花粉症の患者さんの中には、サプリメントに期待している方がいるかもしれない。しかし、大切なことは効果の確かな治療を受けることである。その上でプラスアルファを期待するのであれば、これらのサプリメントをとることはかまわないだろう。サプリメントはあくまで補助であることを忘れてはならない。

2009年3月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→