神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
AEDとは何か

 当院の窓に張ってあるAEDの表示シールをみた方から「あちこちでAEDを見かけるが何ですか」と聞かれた。最近では駅、役所、学校、体育館など人が集まる場所にはAEDがよく設置されている。しかも、必要なときにすぐわかるように、目立つようにおかれている。ただ、その器械が何かわからない方が多いようだ。

 AEDはAutomated External Defibrillatorの頭文字をとったもので、自動体外式除細動器ともいわれる。心室細動と呼ばれる不整脈が始まると、心臓のポンプ機能がなくなるため、すぐに意識を失い、やがて死亡する。AEDは、自動的に心電図を解析し、心室細動と診断できた時だけ、電気ショックにより、心室細動を取り除くのである。

 一般に除細動が1分遅れるごとに成功率が10%ずつ下がるといわれる。救急車は通報から現場到着まで平均6分である。そのため、救命には近くにいる人がいかに早くAEDを使うことができるかが重要である。資格のない一般市民も、スイッチを入れて音声の指示に従うだけでAEDを使うことができる。そのため、人が集まる場所へのAEDの装備がすすんでいる。

 当院をはじめ、秦野伊勢原医師会所属の医療機関の多くには、5年前からAEDが備えられている。当地区のクリニックで実際に使われたという話は聞いたことはない。しかし、3月の東京マラソンで倒れた芸能人にAEDが使われ、一命を救ったように、劇的な威力を発揮する器械である。院長、スタッフともに万が一の場合に備えておきたいと思う。

2009年4月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→