神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
ワクチンのすすめ

 私たち小児科医は、乳幼児健診の際、子どもの発育発達のチェックと診察のほかに、予防接種歴を確認しどのように受けたらいいか具体的なアドバイスをしている。4月はちょうどポリオの集団接種の月だったため、BCGや、DPT(三種混合)との兼ね合いの相談が多かった。また、ヒブワクチンや日本脳炎ワクチンについての質問も目立った。

 健診時にまれに、予防接種は子どもに受けさせたくないという保護者に出会うことがある。1994年以前は義務接種であったのが、予防接種法の改正により勧奨接種になっているので、保護者の意思による受ける受けないという選択の自由はやむをえないのかもしれない。副作用やアレルギーが心配という方もいれば、個々の病気がまわりにないので必要ないという方もいる。

 確かにポリオ、ジフテリアは病気そのものがほとんどない状態だが、それは予防接種が徹底されているからである。結核は先月有名人がかかったことで注目されたが、毎年4万人以上の患者がでる感染症である。BCGは乳児の重症結核に対する予防効果がある。また、麻疹は数年前に高校や大学で集団感染があったほどで、決して油断できない感染症である。先月市内の保育施設で患者がでたと聞いたが、幸い感染拡大はなかったようだ。

 予防接種を受けるように勧奨されている病気は、かかっても大丈夫といえるものではない。集団生活の場にいれば、感染源となって周囲に多大な迷惑をかける可能性がある。一方、免疫を持つことで安心感が得られることは明らかである。幸い現在のワクチンの副作用は少ないので、公費で受けられるワクチンを接種しないのは実にもったいないと思う。

2009年5月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→