神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
待望のレントゲンのデジタル化

 街中でも旅行でも、気軽に簡単に撮影できるデジタルカメラの全盛の時代だ。小型でも自動設定できれいに写真が撮れる、撮った写真をすぐに見て確認できる、写真を小さなカードに記録するなど、フィルム式カメラと比べてメリットが多い。一方、医療用のレントゲン撮影については、クリニックではフィルム撮影がまだ多い。デジタル化の流れはわかっていても、費用や設置場所などから導入をためらっているドクターが多いと思われる。

 当院ではこの4月から、ついにデジタルレントゲン撮影装置を導入した。診察室の机の上には、電子カルテ用モニターと、縦型で一回り大きく、精度の高いレントゲン用モニターが並んでおり、壮観である。

 さてその実力だが、実際に撮影してみて、ものすごい科学技術の進歩を感じた。撮影から表示までのスピードが速く、30秒で画像が見られるとは驚きだ。診察室から待合室に移動して現像を待っていただくことがないので、患者さんには好評である。しかも、フィルムがないので、現像のための機械や薬品も、保管の袋も必要ないなど、エコにも貢献できている。

 咳が長引いている方や熱が続いている方など、特に肺炎が気になる方に胸部レントゲンを勧めやすくなった。その結果、4月から5月にかけて、マイコプラズマ肺炎の方を比較的多く診断し治療できた。今後は成人の肺がん検診でも期待されている。しっかり勉強して、デジタルレントゲン撮影装置を使いこなしていきたい。

2010年6月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→