神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
医療情報とインターネット

 ようやくこの4月から秦野市でも子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックス)の公費接種が始まる。接種を行うからには正確な情報や知識が求められるので、勉強して準備してきた。昨年の秦野伊勢原小児科医会の講演会では、産婦人科の医師から子宮頸がん予防ワクチンの詳細について話を聞いた。先月には新たに公費接種となるワクチンについての研修会があり、予防接種の専門家から新しい情報を得ることができた。

 一般の人の場合、新しい情報を得るためにはインターネットを利用することが多いだろう。だが、インターネットは、正確な情報と噂やウソの情報の玉石混交状態であることは常識である。

 例えば子宮頸がん予防ワクチンで検索すると、サーバリックスの製造元のグラクソ・スミスクライン社が提供しているホームページ「しきゅうのお知らせ 子宮頸がん基礎知識」がヒットするだろう。このサイトでは子宮頸がんワクチンと検診について詳細に書かれているが、特にワクチンについてのQ&Aが充実しており、お勧めできる。

 ところが、続いてぞろぞろ出てくるのが、子宮頸がんワクチンの危険性をうたうというとんでもないサイトである。副作用で接種直後に死亡した例があるとか、ワクチンに含まれるアジュバンド(免疫増強剤)で不妊症になるといった偏見に満ちた、非科学的な内容だ。ワクチンは危険かもしれないと思って検索する人を誘い込む落とし穴であり、注意してほしい。

 結局、情報が信頼できるかどうかは、発信元が信頼できるかによる。日本産科婦人科学会は子宮頸がん予防ワクチンを安全性の高いワクチンであると発表している。対象年齢の方は、安心して子宮頸がん予防ワクチンの接種を受けていただきたいと思う。

2011年3月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→