神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
かかりつけ医の選び方

 赤ちゃんが生まれたらかかりつけの小児科医を持ちましょうとよく育児書や育児雑誌に書いてある。子ども、特に乳幼児は咳や鼻水、発熱、下痢など様々な症状で小児科を受診することが多い。また、予防接種の種類がこの数年で急に増え、接種回数も2〜3倍になっている。そのため、子どもの病気の治療、予防接種、さらに育児のことまでまとめて相談できる小児科医が求められている。

 子どもは熱を出しやすいが、発熱の原因の大部分が感染症、中でも多いのがウイルス感染症である。当然、母親も何回かに1回は感染してしまうだろう。そんな時は母親も子どものかかりつけの小児科で一緒に治療してもらったらよい。何度も子どもを診てもらっていれば、受診しやすいはずだ。

 このメリットは大きく二つある。一つ目は当然のことだが、具合が悪い時に2か所の医療機関を受診するのはつらいので、1か所ですめば体の負担は少ないことである。二つ目は、多くの場合子どもが先に感染して症状が出るので、子どもの診察が親の病気の推測や治療に役立つことである。ただし、同じ症状といっても、親子で何日もずれることはある。先日も子どもがマイコプラズマ肺炎にかかり、1週間以上たって発熱した親に対し、直ちに子どもに有効だった薬を処方して早期に治療できた経験があった。

 注意事項としては、病院の小児科の場合には母親は内科での診察になるので、小児科医は診察できない。また、一部には小児科医なので大人は診ない方針だという開業医もいることは事実である。これに対し、当院では小児科と内科をかかげて、幅広い年齢の急性疾患に対応している。これからかかりつけ医を選ぶ方は、子どもだけでなく自分の体調が悪いときに診てもらえるかチェックしておくのがいいだろう。

2012年7月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→