神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
インフルエンザ検査はタイミングが重要

 秦野市でも1月中旬からインフルエンザの流行が始まった。今シーズンの流行は大部分がA香港型である。当院にも休日夜間診療所にも、発熱でインフルエンザを心配して来院する方が急増している。その際になくてはならないものが、患者の鼻水中のウイルスを検出して、インフルエンザかどうかを診断する迅速診断キットである。

 迅速診断キットは15年前から実用化され、検出感度の向上や判定時間の短縮といった改良が進んできた。以前は10から15分も判定に要していたのが、今では1分以内に判定出来ることもある。検査で陽性の場合にはインフルエンザと診断されるので、抗インフルエンザ薬による治療ができる。その結果、発熱期間を短縮して自覚症状を早く改善させると同時に、ウイルスが広がるリスクを低下させることが期待できる。

 一方で、熱の出始めの時期にはウイルスが少ないため、検査では陽性になりにくい。陰性の場合、インフルエンザの初期の可能性と、インフルエンザ以外の疾患で熱が出ている可能性の区別ができないのである。当院はできるだけ発熱の初期には検査せずに、半日程度の時間をおいてから検査するようにしている。

 熱が出始めた子どもを迎えに来た保護者に対し、「インフルエンザかどうか検査してもらって、結果を報告してください」とか、「熱がなくてもインフルエンザのことがある」といって、検査を指示している園がある。好ましくない指示だと思いながら、園から直行してきた子どもを検査するものの、ほとんどが陰性である。結局、翌日に2回目の検査、翌日まで待てない方は休日夜間診療所で2回目の検査となる。検査はタイミングが重要であることを知っていてほしいと思う。

2013年2月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→