神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
食物アレルギー患者を診る

 私自身はアレルギー専門医ではないが、アレルギー疾患には興味を持って診療している。例えば、じんましんが出た乳幼児の場合、基本的には血液検査(IgE RAST)で原因を調べる。原因としては鶏卵が多く、しばらく原因食物を摂らないように指示している。これまでは軽症ばかりだったので、半年程度して血液検査の値の低下をみてから少し食べることを認めるというような対応で大丈夫だった。

 ところが、先日、血液検査でピーナッツアレルギーがある子どもに実際に食べてもらうテストを行う機会があった。かかりつけの患者であり、ピーナッツに対するIgE RASTがあまり高くなかったので、当院で初めてのチャレンジだった。ピーナッツクリームを口に入れた途端に、苦みと口のかゆみを訴え始めたのには驚いた。すぐに吐き出させて薬を投与したので全身症状はでなかったが、家で食べさせなくてよかったと思った。

 食物アレルギーの頻度は、乳児で10%、幼児で5%、学童で3%といわれる。成長とともにアレルギー症状が出なくなることを示しているが、それでも小学校ではクラスに1人は食物アレルギーがいることだ。一般には鶏卵、牛乳、小麦は摂取しても症状が出なくなりやすい。一方、ピーナッツ、そば、エビやカニは症状が出なくなりにくいといわれる。

 アレルギー症状は実際には軽症から重症までかなり幅が広い。昨年調布市の小学校で、牛乳アレルギーの女子児童が誤ってチーズを食べて亡くなったという事故は、重症のアナフィラキシーショックであった。このようなアナフィラキシーをおこしたような例では、絶対にアレルギー専門医でないと治療は無理である。しかし、軽症の患者が多いことから、すべての小児科医がアレルギー診療に関わらなければならない時代になってきている。

2013年5月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→