神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
開業小児科医として20年

 今から20年前に、私は生まれ育った秦野市で開業した。子どもだけでなく、家族みんなが相談できるホームドクターを目指そうということで関野小児科内科クリニックと名付けたことは10年前にコラムで書いたとおりである。小児の人口が減っていく中での開業で、将来の不安がなかったわけではない。しかし、現在では地域の子どもとその家族のために、外来の診療で忙しい日々を送っている。

 少子化社会とはいえ、小児科の外来診療のニーズはむしろ確実に増えている。例えば、乳児期から保育園に通園している児は増加しており、しかも細菌やウイルスに感染しやすく、発熱しやすいことは明らかである。保育園側も神経質になっており、些細な変化であっても親に医療機関の受診を勧めるようになってきた。

 また、乳幼児の食物アレルギーや乳児喘息の増加、花粉症の低年齢化などが指摘されている。専門家だけでは追い付かず、一般小児科医の果たさなければならない役割も多い。

 そして、小児科外来が増えている最大の理由は、予防接種の個別接種化と種類の増加である。開業当時は、ポリオ、BCG、日本脳炎が集団接種、三種混合と麻疹が個別接種であった。現在では定期接種10種類すべてが個別で、当院で扱う任意接種も5種類あり、とりわけ6か月未満のスケジュールが超過密である。乳児への同時接種と、効率的な接種の受け方のアドバイスは小児科医の得意とするところである。

 何年か前から、小児期に通院していた方が、母親になって子どもを連れて来るようになってきた。まだ数家族とはいえ、開業小児科医としてこれは大きな喜びである。かかりつけ医として選んでいただいた信頼に応えるために、次の10年も頑張っていきたいと思う。

2013年9月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→