神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
医療用医薬品と市販薬

 医薬品には医療用医薬品と一般用医薬品がある。医療用医薬品は、医師が書いた処方箋よって医療機関や調剤薬局でもらう薬である。これに対し、一般用医薬品は市販薬や大衆薬といわれ、薬局や薬店などで処方箋なしに自由に購入できる薬である。一般の人が自分の判断で使用するため、安全性が優先され、作用は穏やかになりやすい。

 多く使われている代表的な一般用医薬品は総合感冒薬だろう。咳止め、鼻水を抑える抗ヒスタミン薬、解熱剤などが配合されている。小児用の薬の服用量は年齢によって1回何mlあるいは何錠というように決められている。年齢の割に大柄であっても、用法用量を守って使わなければならないことはいうまでもない。

 市販の薬を飲んでもよくならないときには診療所や病院を受診することになる。そこで私たち医師は患者さんを診察し診断して、様々な医療用医薬品の中から治療薬を選び、必要な量を処方する。小児科では体重をよく量っているが、体重から必要量を計算する薬が多いからである。こうして処方された薬は患者さん一人一人に合わせたオーダーメイドの薬であり、当然のことながら一般用医薬品とは全く効き方が違う。

 子どもに処方された感冒薬を2包ずつ飲んだら調子が悪くなったという成人の方が来院された。原因は体調がすぐれない上に抗ヒスタミン剤が多めになったためと考えられた。抗ヒスタミン薬は花粉症の治療でも使われるが、小児では体重あたり多めに使うので、7歳で成人と同じ量の薬を使うこともある。症状が似ていても、状態や体質は患者さんによって異なるので、処方箋でもらった医療用医薬品を他の人が服用することは危険であり、絶対に行ってはならない。

2014年6月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→