神奈川県秦野市の関野小児科内科クリニックです。秦野駅南口より徒歩5分。

【携帯サイト】携帯の方はこちら
神奈川県秦野市 関野小児科内科クリニック TEL 0463-84-2580 秦野駅南口徒歩5分
 
トップページ
お知らせ
診療案内
院長紹介
院長コラム
ミニ知識
交通アクセス
リンク
更新履歴

関野小児科内科クリニック
診療科目:小児科、内科
神奈川県秦野市尾尻942-9
TEL 0463-84-2580

午前 9:00〜12:00
午後 2:30〜 6:00
※土曜午後2:00〜4:00
休診日:木、日、祝日

  院長コラム
炭酸水のすすめ

 数年前から、日本でも炭酸水(炭酸入りのミネラルウォーター)が多く飲まれるようになってきた。コンビニの冷蔵庫にも各種炭酸水が並んでおり、手軽に購入できる。美容や健康に気を使う女性の間で広がりを見せているといわれている。

 一昨年の夏に放送されたNHK「ためしてガッテン」によると、炭酸水を飲んだ場合のメリットには、大きく3つある。一つ目は、食欲増進で、炭酸水が胃の動きを活発にするため、消化が促進され、食欲が増す。二つ目は、便秘予防で、炭酸水は腸の運動も活発にするので、便を送り出す働きが期待できる。三つ目は熱中症予防で、炭酸により水分の吸収が促される。

 私も昨年の夏から炭酸水を好んで飲むようになった。個人的な感想だが、朝起きの炭酸水は目覚ましと便通によさそうだ。診察の合間にも水分補給しているが、炭酸による刺激が気分をリフレッシュしてくれる感じがする。また、今年になって体重が増えたことから、食事のときに炭酸水を多めに飲んでいる。胃が拡張して少ない食事量でも満腹感が得られることを期待しているが、食欲増進は困るので、どのくらいが適量なのか検討中である。

 今年の4月に発表されたケンブリッジ大学の論文によると、40歳から79歳の約25000人を追跡したところ、1日1杯の加糖の乳飲料や清涼飲料水を水や無糖の茶・コーヒーに変えると、2型糖尿病の発症リスクが14〜25%低下した。一方人工甘味飲料に変更してもリスクは下がらなかった。現在、コーラやサイダーなどの炭酸飲料の愛飲家は相変わらず多く、炭酸飲料のトクホ(特定保健用食品)も売れている。しかし、健康志向の方が炭酸飲料を変えるのなら、コストパフォーマンスに優れた炭酸水の方がよいと思う。

2015年6月1日


↑院長コラムトップ】 【←back】 【next→