0463-84-2580

診療科目小児科・内科

〒257-0011 神奈川県秦野市尾尻942-9
9:00~12:00/14:30~18:00 [休診日] 木・土曜午後・日・祝日

ミニ知識

No.165 アレルギー性鼻炎と気管支喘息の合併

 アレルギー性鼻炎患者の30%が気管支喘息を合併しています。一方、気管支喘息患者では80-90%にアレルギー性鼻炎の合併がみられます。このように上気道のアレルギー疾患であるアレルギー性鼻炎と、下気道のアレルギー疾患である気管支喘息とは同時に存在することが多いのです。

 通年性アレルギー性鼻炎も、気管支喘息も最も多い原因はダニです。鼻の粘膜にアレルギー性炎症が起こると、気管支にも炎症が誘発されることが知られています。つまり、ダニによりアレルギー性鼻炎から、気管支喘息が引き起こされるのです。この引き金となるのが、ウイルスの上気道感染(いわゆる風邪)や副鼻腔炎です。

 また、季節性鼻炎も喘息の悪化に関係しています。スギ花粉症を合併した喘息患者には、スギ花粉の時期に呼吸機能が低下する方がいます。

 アレルギー性鼻炎を治療すると、気管支喘息の症状が改善します。抗ヒスタミン薬が第一選択ですが、ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン、キプレス、シングレア)もよく使われています。

2016年3月20日

-ミニ知識

© 2021 関野小児科内科クリニック 神奈川県秦野市 秦野駅南口徒歩5分