0463-84-2580

診療科目小児科・内科

〒257-0011 神奈川県秦野市尾尻942-9
9:00~12:00/14:30~18:00 [休診日] 木・土曜午後・日・祝日

ミニ知識

ミニ知識

No.193 臍(さい)ヘルニアの圧迫療法

2021/5/8  

 へその緒が取れた後に根元が閉じないと、腹圧で押出された腸によってへそが飛び出した状態になります。これが臍ヘルニア、いわゆる「でべそ」です。新生児10人に約1人にみられます。  臍ヘルニアは柔らかく、 ...

ミニ知識

No.192 保湿剤

2020/11/15  

 皮膚に潤いを与える皮膚外用薬を保湿剤といい、作用の違いから2つに分けられます。  エモリエントは油脂性の外用薬で、その代表はワセリンです。ワセリンは皮膚の表面を覆うことにより、水分の蒸発を防ぎ、皮膚 ...

ミニ知識

No.191 アレルゲンコンポーネント特異的IgE抗体検査

2020/7/3  

 食物アレルギーの原因(アレルゲン)を調べるために、食物特異的IgE抗体検査を行います。食物から抽出された様々なタンパク質全体に対する特異的IgE抗体の測定です。  一方、特異的IgE抗体が結合する個 ...

ミニ知識

No.190 溶連菌の反復感染

2020/4/13  

 A群溶血性レンサ球菌性咽頭炎(一般には溶連菌感染症といわれる)は、小児の急性咽頭炎の15~30%、成人では5~10%といわれ、学童期に多く見られます。  症状はのどの痛み、発熱、頸部のリンパ節のはれ ...

ミニ知識

No.189 けいれんと間違えやすい運動

2020/1/5  

 けいれんとは、ひきつけと同じことで、全身あるいは一部の筋肉に起こる収縮です。手足が硬くつっぱったり、ガクガクしたりします。原因は中枢神経の異常な興奮が、発作的に起きることによります。通常、意識がなく ...

ミニ知識

No.188 手足口病

2019/8/1  

 手足口病は、口の中、手、足に水疱性発疹が現れるウイルス感染症で、毎年初夏から秋にかけて流行します。4歳位までの乳幼児に多く、学童以上ではすでに感染を受けているために少ないです。  原因ウイルスとして ...

ミニ知識

No.187 言葉の発達(1歳6か月)

2019/4/4  

 1歳6か月は単語が出始めて、言語的コミュニケーションが芽生える時期です。そのため1歳6か月児健診時には、「ママ、ブーブーなど意味のあることばをいくつ話しますか」という質問があります。  平岩幹男先生 ...

ミニ知識

No.186 3か月未満の乳児の発熱

2019/1/1  

 発熱は子どもが外来を受診する時の最も多い訴えです。そもそも発熱は、病原体に対する体の防御反応のひとつで、悪いものではありません。また、熱の高さと病気の重症度とは関係ありません。一方で、解熱剤を使って ...

ミニ知識

No.185 思春期遅発症

2018/9/4  

 思春期には二次性徴の出現が見られますが、その時期には個人差があります。男子では精巣が大きくなりはじめ、その後陰毛が見られます。女子では乳房のふくらみから始まり、陰毛が見られるようになり、初経へと進行 ...

ミニ知識

No.184 小児のピロリ菌感染症

2018/6/10  

 ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の粘膜に住み着く細菌で、萎縮性胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こすことで知られています。  ピロリ菌は免疫の弱い5歳未満、多くが2歳までに感染し、除菌さ ...

© 2021 関野小児科内科クリニック 神奈川県秦野市 秦野駅南口徒歩5分