0463-84-2580

診療科目小児科・内科

〒257-0011 神奈川県秦野市尾尻942-9
9:00~12:00/14:30~18:00 [休診日] 木・土曜午後・日・祝日

ミニ知識

No.185 思春期遅発症

 思春期には二次性徴の出現が見られますが、その時期には個人差があります。男子では精巣が大きくなりはじめ、その後陰毛が見られます。女子では乳房のふくらみから始まり、陰毛が見られるようになり、初経へと進行します。男子より女子の方が早く思春
期が始まり、早く完成します。

 そのため、男子では14歳、女子では13歳になっても二次性徴が出現しない場合思春期遅発症を考えます。最も頻度が高いのは、体質性思春期遅発症で、男子に多く見られます。思春期の遅れのほかに、低身長であることが多く、周囲の子どもに成長のスパートが起こると、より低身長が目立ちます。しかし、遅れて自然に思春期は始まり、身長も増加します。

 体質性思春期遅発症の多くは低身長で小児科を受診します。診断には成長曲線をつけること、二次性徴を確認すること、家族歴を聞くことが重要です。約70%に親の思春期遅発があると報告されています。

2018年9月4日

-ミニ知識

© 2021 関野小児科内科クリニック 神奈川県秦野市 秦野駅南口徒歩5分